神奈川屈指の快速左腕を育てた、「豪華すぎる2人のコーチ」の正体

神奈川屈指の快速左腕を育てた、「豪華すぎる2人のコーチ」の正体

神奈川屈指の快速左腕を育てた、「豪華すぎる2人のコーチ」の正体の画像

「ランナーを出しても関係ない」
そう堂々と胸を張って答える投手がいる。藤嶺藤沢の矢澤宏太は身長173cm体重65kgの細身から、最速148キロのストレートと、鋭く縦横に変化するスライダーで三振を量産する左腕だ。指導する中丸洋輔監督は矢澤をこう評す。

今年春の県大会で6回参考ながらノーヒット・ノーランを達成した藤嶺藤沢・矢澤宏太

「矢澤は本当にスピードにこだわりがありません。いつも勝てるピッチングのことばかり考えています。とにかく丁寧に投げてアウトを積み重ね、勝負どころになると一気にギアを入れて、打者を圧倒することができる。140キロ台後半のボールはグングンくるし、鋭く曲がるスライダーもあります。捕手は大変ですよ。体中アザだらけです」
 矢澤らしい試合がある。今年春の県大会2回戦で、藤嶺藤沢は慶應義塾湘南藤沢と対戦。試合は15−0で藤嶺藤沢が6回コールド勝ちを収めのだが、矢澤は参考記録ながら10三振を奪い、ノーヒット・ノーランを達成した。
「矢澤はけん制でもアウトを稼げる。この試合でもフォアボールで出したランナーを2人、けん制でアウトにしました。フォアボールを出しても、結果的に抑えればいいと思っているから、ランナーがいても腕をしっかり振ることができる。腕の振りが縮こまると相手に球を見られてしまいますが、矢澤にはそれがない。

1 2 3 4 5 次へ

関連記事(外部サイト)