全豪×、全仏○、ウインブルドンは?上地結衣、ライバルと最終決戦へ

全豪×、全仏○、ウインブルドンは?上地結衣、ライバルと最終決戦へ

全豪×、全仏○、ウインブルドンは?上地結衣、ライバルと最終決戦への画像

上地結衣(エイベックス)がグランドスラムに参戦するようになってから、7年の年月が流れようとしている。

 明るい笑顔と折り目正しい態度が印象的な少女は、今や女王の貫禄漂う24歳へと成長した。2014年には、ダブルスで4大大会すべてを制する「年間グランドスラム」を達成。21歳135日での快挙は「車いすテニスの最年少記録」として、ギネスにも認定された。


上地結衣は全仏に続きウインブルドンも制することができるか

 そんな女子車いすテニス界の女王が、まだ唯一手にしていないタイトルが存在する。それが、2016年から正式種目となったウインブルドンのシングルスだ。

 11歳から車いすテニスを始め、14歳のときには国内のトップに君臨した上地の武器は、左腕から繰り出す多彩なショットと、巧みなチェア制御技術に依拠(いきょ)した機動力にある。17歳で世界を舞台に戦い始めたサウスポーは、その3年後にはグランドスラムを達成。世界ランキングも1位へと駆け上がり、押しも押されもせぬ絶対的な女王へと成長した。

 だが、わずか20歳にして追われる立場となった彼女には、厚い包囲網が敷かれるようになり始める。かつてない高度な戦略や技術をもたらした小柄な女王の存在は、周囲を奮い立たし、女子車いすテニス全体のレベルを引き上げもした。

1 2 3 4 次へ

関連記事(外部サイト)