セネガル戦では、本田圭佑の「スッキリ」が同点以上の価値だった

セネガル戦では、本田圭佑の「スッキリ」が同点以上の価値だった

セネガル戦では、本田圭佑の「スッキリ」が同点以上の価値だったの画像

蹴球最前線──ワールドフットボール観戦術── vol.27
 4年に一度のフットボールの祭典、FIFAワールドカップがロシアで開催されている。この企画では、世界トップの魅力、そして観戦術を目利きたちが語り合います。
 サッカーの試合実況で日本随一のキャリアを持つ倉敷保雄、サッカージャーナリスト、サッカー中継の解説者として長年フットボールシーンを取材し続ける中山淳、スペインでの取材経験を活かし、現地情報、試合分析に定評のある小澤一郎――。
 今回のテーマは、ロシアW杯での日本代表のセネガル戦について。ゴールシーンや、失点の原因はどこにあったのかなど、ワールドフットボール通のトリデンテ(スペイン語で三又の槍の意)が分析します。
コロンビア戦はこちら>>


セネガル戦で日本の2点目を決めた本田圭佑


倉敷 今回は日本代表の第2戦、6月24日にエカテリンブルクで行なわれたセネガル戦のレビューです。日本のスタメンはコロンビア戦と同じ。立ち上がりからしばらくはルーズボールを拾われ押し込まれましたが、落ち着いて対応しましたね。小澤さんはどう見ていましたか?
小澤 まずセネガルは、初戦のポーランド戦ではマメ・ビラム・ディウフとエムバイェ・ニアンに2トップを組ませて4−4−2を採用していましたが、日本戦はアルフレッド・エンディアイェをアンカーにした4−1−4−1に変更してきました。

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 次へ

関連記事(外部サイト)