「悲劇の右腕」の教え。木更津総合に好投手が生まれ続ける謎が解けた

「悲劇の右腕」の教え。木更津総合に好投手が生まれ続ける謎が解けた

「悲劇の右腕」の教え。木更津総合に好投手が生まれ続ける謎が解けたの画像

木更津総合の投手はなぜ育つのか――。
 これまで不思議で仕方がなかった。近年、木更津総合には毎年のようにプロスカウトから注目される投手が現れる。記憶に新しいのは、2016年春夏の甲子園ベスト8に導いた早川隆久(早稲田大2年)や、昨年「高校屈指の左腕」と言われた山下輝(ひかる/法政大1年)など。いずれも大学に進学したものの、プロ志望届を提出していればドラフト指名は確実の好素材だった。
 木更津総合の五島卓道監督は早稲田大、川崎製鉄神戸で内野手として活躍。暁星国際(千葉)監督時代には小笠原道大(元中日ほか)を育成した実績がある。もともと野手育成には定評があるが、木更津総合には投手を専任で教える指導者はいないという。もちろん、好素材をリクルートしているという前提はあるとはいえ、これだけ好投手が続くのは、何か理由があるのではないかと考えていた。

2013年の夏に2年生エースとして甲子園に出場した千葉貴央

 そんな折、今年のドラフト候補である木更津総合OBの鈴木健矢(JX−ENEOS)を取材する機会があった。鈴木は高校時代にサイドスローに転向して才能を開花させ、キレ味鋭いボールで注目されている。なぜ木更津総合の投手が育つのかを率直に聞いてみると、鈴木は爽やかな笑顔をたたえてこう答えた。
「僕の1学年上に『千葉さん』という先輩がいたんですけど、この人がすごかったんです。

1 2 3 4 5 6 7 8 次へ

関連記事(外部サイト)