近藤真彦監督、モヤモヤを解消。10年ぶりの美酒に酔いしれる

近藤真彦監督、モヤモヤを解消。10年ぶりの美酒に酔いしれる

近藤真彦監督、モヤモヤを解消。10年ぶりの美酒に酔いしれるの画像

2018年のスーパーフォーミュラは早くもシーズン折り返し点を迎え、7月7日〜8日に第4戦が富士スピードウェイで行なわれた。決勝レースでは今シーズン、好調な走りを見せているニック・キャシディ(KONDO RACING)が待望の初優勝。近藤真彦監督が率いるKONDO RACINGにとっては、国内トップフォーミュラで10年ぶりの勝利となった。


表彰台の中央で喜び合うニック・キャシディと近藤真彦監督

 歌手や俳優としても活躍する近藤監督だが、芸能活動のかたわらでモータースポーツにも情熱を注ぎ、1980年代後半から1990年代にかけては自身もドライバーとしてレースに参戦。1995年のル・マン24時間レースでは名門ニッサンNISMOの一員としてチームに貢献し、総合10位に入った。

 2000年には自らのチーム「KONDO RACING」を立ち上げ、スーパーフォーミュラの前身であるフォーミュラ・ニッポンに参戦する。2002年いっぱいで現役を引退すると、翌年からはチーム代表兼監督として頂点を目指し、2008年の第7戦・富士のレース1でジョアオ・パオロ・デ・オリベイラがトップチェッカーを飾って勝利。チームにうれしい初優勝をもたらした。

 そのシーズン、KONDO RACINGはチームランキング5位で終え、翌年以降の活躍が大いに期待された。

1 2 3 4 5 次へ

関連記事(外部サイト)