福田正博が提言!「次のW杯に向けて日本が実施すべき強化策」

福田正博が提言!「次のW杯に向けて日本が実施すべき強化策」

福田正博が提言!「次のW杯に向けて日本が実施すべき強化策」の画像

福田正博 フォーメーション進化論
 W杯ロシア大会で、日本代表は限りなくベスト8に近づいた。ベスト16になった過去の2大会、2002年の日韓大会、2010年の南アフリカ大会とは異なり、今回は主力選手を温存してグループリーグ最終戦を戦ったことで、決勝トーナメント1回戦のベルギー戦は、最高のパフォーマンスだった。それだけに、敗因をしっかりと見つめ直して、今後のW杯で今回以上の成績を残せるように、検証しなくてはいけない。

ロシアW杯で日本は決勝トーナメントに進出するも、ベルギーに逆転負けした

 ベルギー戦は原口元気、乾貴士のゴールで2点を先行した直後に、ベルギーが187cmのナセル・シャドリ、194cmのマルアン・フェライニを投入。親善試合では決して見ることのできない「強豪国の本気のパワープレー」に襲われた。190cmのFWロメル・ルカクを吉田麻也がマークしていたが、170cmの長友佑都のサイドに投入されたフェライニの高さを防げなかったことが失点につながってしまった。
 3失点目については、延長戦を睨んでショートコーナーで時間を費やす手もあった。だが、仮に延長戦に持ち込んでいても、ベルギーのパワープレーに耐えきれたとは思えないだけに、CKからの最後のワンチャンスに賭けた気持ちは理解できる。
 今回のベルギーには、身長190cm台の選手が7人ピッチにいた。

1 2 3 4 5 次へ

関連記事(外部サイト)