日本バドミントン界の競争が激化。もはやタカマツペアだけではない

日本バドミントン界の競争が激化。もはやタカマツペアだけではない

日本バドミントン界の競争が激化。もはやタカマツペアだけではないの画像

7月30日から中国の南京で開催された世界バドミントン選手権。5月の国別対抗ユーバー杯決勝で、タイを圧倒して37年ぶりの優勝を飾った女子は、今大会でも実力を存分に発揮した。

世界選手権で大躍進の金メダルを獲得した永原和可那(左)松本麻佑

 ダブルスは、世界ランキング14位の松本麻佑・永原和可那組(北都銀行)が、第3シードでリオデジャネイロ五輪優勝の橋礼華・松友美佐紀組(日本ユニシス)に3回戦で勝つと、初出場の勢いに乗って、準々決勝では第7シードのタイペアを破った。続く準決勝では、第5シードのインドネシアペアを撃破。決勝に進むと、前回銀メダルで第2シードの福島由紀・廣田彩花組(岐阜トリッキーパンダース)との接戦を制し、初優勝を果たした。
 準決勝で福島・廣田組に敗れた第4シードの米元小春・田中志穂組(北都銀行)も銅メダル獲得と、金銀銅すべてを日本勢が占める結果となった。
 また、シングルスでは奥原希望(日本ユニシス)が連覇を狙ったが、前回の決勝で死闘を繰り広げたプサルラ・V・シンドゥ(インド)に準々決勝で敗れてその願いは叶わず。準々決勝で第5シードの若手・陳雨菲(中国)を破った山口茜(再春館製薬所)が、決勝進出はならなかったものの、世界選手権で初めての銅メダルを獲得した。
 男子シングルスは、桃田賢斗(NTT東日本)が安定した戦いで、決勝では全英オープン優勝の石宇奇(中国)に勝ち、初優勝を果たした。

1 2 3 4 5 次へ

関連記事(外部サイト)