日本バドミントン界の競争が激化。もはやタカマツペアだけではない


「いきなり金メダルというのは難しいですが、その中で男子シングルスの田児賢一など、ちょっと抜けた存在が出てきて、少しずつ世界に通用するようになって足跡を残してきた。
 男子ダブルスも僕たちの前はメダルを獲った選手は誰もいませんでしたが、1個でもメダルを獲ると、他の選手も『次は自分たちもメダルだ』というのを簡単に想像できるようになったんだと思う。そういう足跡を残してきた選手がいたからこその今回の金メダルだと思うし、前回金メダルを獲った奥原を見ていて思ったのは、『銅メダルを獲ってハッピー』ではなく、(よりいい色の)メダルを目指すのが当たり前になっていて、そのための練習をするという意識を全員が持ってきている」
 朴ヘッドコーチ就任後の流れを見れば、07年世界選手権で坂本修一・池田信太郎組と小椋久美子・潮田玲子組が、ともに銅メダルを獲得して以降、11年には銅1、14年は銅2、15年は銅3という実績を残してきた。
「僕たちが第一期だったけど、今は本当に”朴イズム”みたいなものがすごく根づいてきていると思いますね。朴さん自身はすごく謙虚で、一つひとつのことをすごく大切にする。すごい負けず嫌いだし、準備を怠らない性格なので、そういうのが選手一人ひとりに伝わっていると思います。そういう選手に対するマネージメント能力は高いと思いますね」
 一方で、池田氏は「朴ヘッドコーチが特別なマジックを使っているわけではない」とも語る。

関連記事(外部サイト)