16奪三振の快刀乱麻。創志学園・西純矢の投球に気づかされた変化球の真髄

16奪三振の快刀乱麻。創志学園・西純矢の投球に気づかされた変化球の真髄

16奪三振の快刀乱麻。創志学園・西純矢の投球に気づかされた変化球の真髄の画像

創志学園(岡山)の2年生エース・西純矢が、創成館(長崎)から16三振を奪って完封してみせた。

 創成館といえば、昨年秋の神宮大会で大阪桐蔭を破るなど準優勝を果たし、今年春のセンバツではベスト8に進出したのだから、間違いなく全国屈指の強豪校である。そんな強敵を相手に、許したヒットは内野安打を含めてわずか4本。しかも無四球という安定感抜群の内容だった。


センバツ8強の創成館から16三振を奪い、完封勝利を収めた創志学園・西純矢

 打者の懐(ふところ)を突いたかと思えば、次はアウトコースいっぱいを狙う。こんな鮮やかに”投げ分け”ができる2年生投手などそういるものではない。捕手の構えたミットに決められる精度の高さは、おおげさではなくプロのレベルに近い。

 精密なコントロールの要因は、しっかりとグラブでボールを隠したワインドアップと見た。

 実際にやってみればわかるが、グラブでボールを隠し、グラブをはめた手の甲を打者に向けて振りかぶると、両脇がキュッと締まる。この姿勢が、フォームの連動に”引き絞り感”を与えて、投げる際のばらつきを防ぐのだ。テークバックのときに、右手がきれいに巻き上がってくるのも、そのせいだ。

 私の見る限り、この試合で奪った16三振のうち12三振は勝負球の”スライダー”である。

1 2 3 次へ

関連記事(外部サイト)