4年ぶりのメダル獲得。入江陵介は アメリカで大雑把な身体に成長した

4年ぶりのメダル獲得。入江陵介は アメリカで大雑把な身体に成長した

4年ぶりのメダル獲得。入江陵介は アメリカで大雑把な身体に成長したの画像

【短期連載】松田丈志が解説!「パンパシ」・「アジア大会」(2)
 陵介が帰ってきたー。
 パンパシ水泳2日目、昨日行われた男子100m背泳ぎ決勝で入江陵介が52秒78の好タイムで2位に入った。主要国際大会での表彰台はじつに4年ぶり、2014年のアジア大会以来だ。高速水着時代に自身が記録した52秒24の日本記録更新も視野に入ってきた。

久しぶりの表彰台で笑顔がこぼれる入江陵介


 リオ五輪後、現役続行するか迷った時期もあったと思うが、思い切って環境を変え、単身アメリカに渡った。そのことが心身共に好影響を与えている。現役続行と単身渡米。その決断から約1年半。ようやく形になってきた。
 心の部分では、何より楽しそうに泳いでいる。今年4月の日本選手権、入江に話を聞いた時、冗談交じりにこう言った。
「アメリカで練習する方が気楽です」
 これは日本のスポーツ界全体の課題でもあるかもしれないが、日本のスポーツ界の現場は、どうしても「結果を出さなければ」という雰囲気がある。しかし海外でトレーニングしてみると分かるが、海外の選手にそんな重苦しさは感じられない。
 私もアメリカ、豪州、イタリアなどの海外チームでトレーニングした経験があるが、皆「スポーツを楽しむ」というマインドが根底にあって、スポーツは一種のゲームだと思っている。

1 2 3 4 次へ

関連記事(外部サイト)