イニエスタは時間と空間を支配。神戸の同僚も「魔法」にかかった

イニエスタは時間と空間を支配。神戸の同僚も「魔法」にかかった

イニエスタは時間と空間を支配。神戸の同僚も「魔法」にかかったの画像

まるで魔法のようだった。時空の歪みを生じさせたかのように、へばりつくマークを幻惑し、置き去りにしてしまう。対峙する選手は呆気にとられた。アンドレス・イニエスタは超然としたプレーを続け、それは異次元を感じさせるのだった――。
 
 8月19日、BMWスタジアム平塚。この夜も、ヴィッセル神戸のイニエスタは注目の的だった。スタンドは満員御礼。たとえサッカーという競技をあまり知らなくても、その一挙手一投足に吸い寄せられるのだろう。ホンモノだけが見せる輝きがあるのだ。


湘南ベルマーレ戦にフル出場、勝利に貢献したアンドレス・イニエスタ(神戸)

 もっとも、ゲームはホームの湘南ベルマーレのペースで始まった。湘南らしく、溌剌と走り回り、献身的プレッシングで前線からボールの出どころを塞ぐ。果敢さで神戸をたじろがせた。

 しかし、イニエスタだけは違う境地に立っていた。必死に食らいついてくる相手に対し、獲物をかごに入れるように、その勢いを利用する。誘い込んではパスを叩き、ワンツーで前に出て、完全なフリーになってから広がりのあるパスを繰り出した。

「前半はベンチから見ていましたが、イニエスタはやっぱりうまかったですね。(動きの中で)”止まる”ことができる。それで簡単に相手の逆を取れてしまうし、時間や空間を支配しているというか……」(湘南・FW梅崎司)

 イニエスタは相手のスピードを奪い、自分のものにしているが、単なる駆け引きのうまさだけではない。

1 2 3 4 次へ

関連記事(外部サイト)