ベトナムに敗れたU−21森保ジャパン。ポゼッション重視が裏目に出た

「(互いが同じフォーメーションのため、1対1の局面が多くなる)ミラーゲームなのに、強くボールへいけなかった。個のところで、はがされることが多かった」とは、杉岡だ。

 中盤でボールを失っては、相手にテンポよくパスをつながれ、次々にゴール前まで攻め込まれる。追加点こそ奪われなかったが、前半の日本はダウン寸前だった。
 後半に入ると、日本は3−4−2−1から4−2−3−1へとシフトチェンジ。相手のフォーメーションとのミスマッチを作り出したことで、前半に比べると、効果的な縦パスが入るようになった。サイド攻撃にも厚みが生まれ、コンビネーションで相手を崩しにかかる場面は増えた。

 また、球際での勝負でも、「前半は相手に上回られたが、後半は選手の勇気や、そこで絶対に勝つんだという気迫を出せた。ルーズボールに対する予測の一歩も、前半よりも後半はギアが上がった」(森保一監督)。

 だが、試合の流れが変わったとはいえ、日本に決定機は多くなく、その一方で、ベトナムは押されながらも、カウンターからいくつかのチャンスを作り出した。MF松本泰志(サンフレッチェ広島)が語る。

「相手もかなりカウンターを狙っていて、ちょっと(ボールを)回させられていた部分はあった。そういう面では、もう少しフィニッシュまで持っていきたかった」

 つまりは、攻勢に立った後半にしても、完全に主導権をつかみ切るところまではいかなかった。

関連記事(外部サイト)