原付で時速200キロ超。日本の「ものづくり技術」が世界記録に挑む

原付で時速200キロ超。日本の「ものづくり技術」が世界記録に挑む

原付で時速200キロ超。日本の「ものづくり技術」が世界記録に挑むの画像

50ccのバイクで200km/h超え! 50ccといえば、日本のカテゴリーでいえば原動機付き自転車。いわゆる原付、原チャリだ。思わず「マジか?」と驚くスピードだが、実際にこの記録は樹立され、公認されている。

 アメリカで100年以上続くスピードの祭典、「ボンネビル・モーターサイクルスピードトライアルズ」。この競技会の50cc以下クラスで2008年、アプリリア製の2ストロークエンジンにターボチャージャーを付けて達成された233.3km/hという世界記録があり、これは10年経った今でも破られていない。

 そして今、この途方もない記録に挑もうという日本チームが現れた。

「絶対にホンダがやり返してくれるだろうと思っていたんですが、10年間スルーされていて、将来的には50ccエンジン自体の展望も明るくない。誰もやらないなら自分でやるしかないと思いました」

 そう語るのは、映画監督であり元プロライダーの近兼拓史(56歳)。彼はオートバイ、電気自動車などで前人未到のチャレンジを続けるレコードメーカーでもある。近兼はボンネビルで世界最速に挑むため、昨年10月に「SUPER MINIMUM CHALLENGE(スーパー・ミニマム・チャレンジ、以下SMC)」プロジェクトを立ち上げた。


SMCの2018年マシン、NSX-01。

1 2 3 4 5 次へ

関連記事(外部サイト)