逆境でも動じなかった金足農。糧となった昨年秋の大逆転負け

逆境でも動じなかった金足農。糧となった昨年秋の大逆転負け

逆境でも動じなかった金足農。糧となった昨年秋の大逆転負けの画像

急がない──103年ぶりの快挙が目前でも、体力的にきつい最終回でも、金足農のエース・吉田輝星(こうせい)に焦りはなかった。
 1点リードで迎えた9回裏。先頭打者を打ち取り、7番・飯村昇大もピッチャーゴロ。吉田が難なく捕球し、誰もが「あと1人」と思ったが、一塁ベースに人がいない。ファーストの高橋佑輔が飛び出してしまったのだ。痛恨のミス。だが、吉田の顔色は変わらなかった。

強打の日大三打線を1失点に抑えた金足農のエース・吉田輝星

「悪い」と謝る高橋に対し、こう声をかけた。
「全然余裕。いつも来ないくせに、何で出てんだよ」
 高橋は一、二塁間の打球に対し、ボールを追わず、すぐにベースに入るクセがあった。それをからかって流す余裕があった。
 続く代打・前田聖矢の内野安打で一死一、二塁とピンチは広がったが、勝負を急がず、後続を打ち取った。
「みんな焦りがあったけど、自分がカバーしようと思った。自分から『もう1回、リラックスしていこう』と声をかけました」(吉田)
 この場面、ミスが出た内野陣とは対照的に、外野陣は冷静だった。
 一、二塁と同点の走者が二塁にいたが、外野手は深めに守る長打警戒シフト。「同点はOK。逆転は許さない」という隊形を整えていた。
 高校生は「勝ちたい。

1 2 3 次へ

関連記事(外部サイト)