いぶし銀のデイモン・ヒル、1996年の鈴鹿でビルヌーブを退け初戴冠

いぶし銀のデイモン・ヒル、1996年の鈴鹿でビルヌーブを退け初戴冠

いぶし銀のデイモン・ヒル、1996年の鈴鹿でビルヌーブを退け初戴冠の画像

【短期連載】鈴鹿F1日本グランプリ30回記念企画

 1996年の鈴鹿F1日本GPは、ウイリアムズ・ルノーを駆るチームメイトふたりが主役となった。ひとりはデイモン・ヒル、36歳。そしてもうひとりはジャック・ビルヌーブ、25歳。年齢の開いた「二世ドライバー」同士の最終決戦に、鈴鹿サーキットはレース前から熱気にあふれ返っていた。

F1日本GP「伝説の瞬間」(1)から読む>>>


F1史上初の親子二代にわたる世界王者を成し遂げたデイモン・ヒル

F1日本GP「伝説の瞬間」(3)
デイモン・ヒル、最終戦で悲願のチャンピオン決定(1996年)

 バブル経済が弾け、アイルトン・セナがこの世を去ってF1ブームにも翳(かげ)りが見えて、1996年は日本のファンにとっては盛り上がりにくいシーズンだったかもしれない。しかし、コース上では濃密なドラマが繰り広げられていた。

 2度の世界王者であり、「初代モナコマイスター」として鳴らしたグラハム・ヒルの息子デイモン・ヒルと、無冠のまま事故死を遂げながらも、情熱的なドライビングでエンツォ・フェラーリに愛され続けたジル・ビルヌーブの息子ジャック・ビルヌーブ。そんなふたりの「二世ドライバー」による、豪華で見応えのあるチャンピオン争いが繰り広げられたシーズンだった。

1 2 3 4 5 次へ

関連記事(外部サイト)