入江ゆきがアピール不足の銀。レスリング50kg級の競争が熾烈になる

入江ゆきがアピール不足の銀。レスリング50kg級の競争が熾烈になる

入江ゆきがアピール不足の銀。レスリング50kg級の競争が熾烈になるの画像

今年の1月から実施されているレスリングの新階級区分のうち、五輪で実施される全6階級で試合が行なわれているアジア大会の女子レスリング。そのうち50kg級から62kgまでの4階級が8月20日に行なわれた。

勝ちきることができず、悔しさの残る銀メダルとなった入江ゆき(左)

 この日は2階級を制した北朝鮮に加え、近年急激に力をつけてきているインド勢などの活躍が目立つ中、日本は53kg級の奥野春菜(至学館大)と62kg級の川井梨紗子(ジャパンビバレッジ)、ふたりの世界チャンピオン(奥野・17年55kg級/川井・17年60kg級)が、準決勝で敗退する波乱に見舞われた。
 さらに57kg級の坂上嘉津季(ALSOK)も1回戦で、今大会優勝したチョン・ミョンスク(北朝鮮)に敗れた。結局、決勝進出を果たしたのは50kg級の入江ゆき(自衛隊体育学校)のみだった。
 初戦の準々決勝では、エカ・セティアワティ(インドネシア)を序盤から攻め込んでポイントを重ね、開始1分2秒でフォール勝ちする強さを見せていた。
 続く準決勝では、世界選手権3位のキム・ソンヒャン(北朝鮮)を相手に、第1ピリオドは少し硬くなってしまい、序盤は攻め込まれ、4点を先取されて3−4で終えるヒヤリとする戦いになった。第2ピリオドでは巻き返し、大技での4点ポイントを含めてポイントを連取し、13−4で勝利を収めた。

1 2 3 4 次へ

関連記事(外部サイト)