松田丈志はリレー種目の健闘を評価。選手起用の裏に采配の妙があった

松田丈志はリレー種目の健闘を評価。選手起用の裏に采配の妙があった

松田丈志はリレー種目の健闘を評価。選手起用の裏に采配の妙があったの画像

【短期連載】松田丈志が解説!「パンパシ」・「アジア大会」(4) 
 アジア大会競泳4日目が終了。
 日本は4日目終了時点で14個の金メダルを獲得。
 前回の仁川アジア大会が金メダル12個だったから、競技2日を残して前回の金メダル数を上回ったことになる。日本競泳陣は確実に強くなっている。
 毎回アジア大会は中国との金メダル争いに注目が集まり、選手やコーチ陣もそこを一つの目安としている。中国も4日目終了時点で14個の金メダルを獲得しており、メダル数は現在並んでいる。実際私が選手の時も、中国との金メダル争いは代表チームの中で1つの指標だった。
 私は8年前の杭州アジア大会で、200mバタフライで金メダルを獲ることが出来たが、レースでは中国という明確なライバルがいて、負けられないという状況のなか、金メダルを獲るということは、選手には相当大きなプレッシャーで、それが達成できれば五輪に向けても大きな自信になる。
 4年にたった1度しかないオリンピック選考会と、オリンピック本番に調子を合わせ、ベストパフォーマンスを出すことが求められている今の競泳代表には、「プレッシャーのかかる中で勝ちを求められる」のもいいシミュレーションだ。
 今大会私が注目しているのは、リレー種目の日本の健闘だ。

混合の4×100mメドレーリレーで銀を獲得した入江陵介、小関也朱篤、池江璃花子、青木智美


 リレーは、以前から行われていた、男女の4×100m、4×200mフリーリレーと4×100mメドレーリレーに加え、2020年東京五輪から正式採用種目となった、混合4×100mメドレーリレーの7種目がある。

1 2 3 4 5 次へ

関連記事(外部サイト)