身体と心を蘇らせた広島・青山敏弘「変わっていく自分にびっくりした」

それと、個人の強みがそのままチームの強みになっている。個人のよさを出すのにもっとも合ったスタイルが、今のチームのやり方だなって。

 昨年は個人としても苦しんだから、今年、自分が少しずつよくなっていくのが本当にうれしくて。チームのなかで自分が生きている……そう感じられたことが自信になった。優勝したいとかじゃなくて、それだけで十分。1試合、1試合、みんながすべてをかけて戦えていると思うし、リーグ戦とルヴァンカップのふたつのチームが互いに高め合えたと思うので、みんなでつくり上げている、という感覚がすごくありますね。

―― 城福監督のチームづくりや指導については、どう受け止めていますか?

青山 シーズンに入る前に、グループミーティングに呼んでもらったんです。そこで「こういうサッカーがしたい」とか、「理想はつなぐサッカーだけど、まずは守備から入る」という話を聞いて。ただ、おっしゃっていることはわかるんですけど、果たしてそのサッカーをみんなで作っていけるのかどうかはわからなかった。でも、まずは守備のところから徹底してやっていったんです。
―― できるかどうかわからないけど、やるしかないと。

青山 新しい監督が来て、チームが変わっていくんだな、というのはやっぱり感じていたし、新しい広島をつくっていかなきゃいけない、それには自分たちも変わらなきゃいけない、というのもわかっていた。

関連記事(外部サイト)