身体と心を蘇らせた広島・青山敏弘「変わっていく自分にびっくりした」

新しいサッカーにチャレンジするのは、非常にエネルギーがいるんですけど、昨年は誰もが悔しい想いをして……そんな簡単な言葉じゃ表せないですけど、誰もがもう一度、いい方向に向かっていきたいと思っていた。日本人の監督なので、そうした僕らの想いを理解してくれたし、城福さん自身の気持ちも伝わってきた。そういうのがマッチしたのかな、と思います。

―― チームが変わらなければならないなかで、青山選手自身も、新しい自分を見つけたい、という期待があったのではないですか?

青山 いや、正直、自分のことはあまり考えてなかったです。チームが新しいサイクルに入っていくなかで、その流れにうまく乗れたらいいな、くらいは思っていましたけど。そもそも自分自身にあまり期待してなかった。だから、シーズンが始まって、自分が変わっていくことにびっくりしたというか。本当に1試合、1試合、自信になっていきました。でも、正直、半分は自信になっていたけれど、半分は疑ってもいて。

―― 信じ切れない、というような?

青山 まだ気を緩ませたくないというか。ここまで戻ってきたんだ、という喜びがあったけど、またできなくなるんじゃないか、という怖さもあった。でも、身体のことに関しては、池田さんがそばにいてくれたから。

―― フィジカルコーチの池田誠剛さんですね。

関連記事(外部サイト)