宇野昌磨、アイスショー公開リハでSP『天国への階段』披露 トリプルアクセルで失敗

宇野昌磨、アイスショー公開リハでSP『天国への階段』披露 トリプルアクセルで失敗

記事まとめ

  • 平昌五輪で「銀」の宇野昌磨がアイスショー「フレンズ・オン・アイス」のリハに参加
  • 今季のSP『天国への階段』を披露も、トリプルアクセルで転倒し失敗してしまった
  • 宇野はSP『天国への階段』とフリー『月光』で「新しい自分を見せる」と意気込んでいる

宇野昌磨は自分に厳しい。「足りないところしか見つからない」

宇野昌磨は自分に厳しい。「足りないところしか見つからない」

宇野昌磨は自分に厳しい。「足りないところしか見つからない」の画像

「フレンズオンアイス」のリハーサルでに新SPを披露した宇野昌磨

 平昌五輪銀メダリストの宇野昌磨(20)が、オフシーズン最後の出演になるというアイスショー「フレンズ・オン・アイス」の公開リハーサルに参加。今季のショートプログラム(SP)『天国への階段』を披露した。

 出演者のなかでは最年少で唯一の現役選手。その演技は、さらに磨きがかかって輝きを増している感があった。フラメンコ調の情熱的なギターナンバーにアレンジされた名曲に乗って、キレのいいメリハリのある動きを見せた。一方、ジャンプでは4回転トーループは成功させたが、トリプルアクセルで派手に転倒する失敗を見せた。

「今は、まだ足りないところしか見つからないです。今日はトリプルアクセルですごいこけ方をしてしまい、その後も引きずってしまったので、こんな失敗を試合でやったらいけないと思いました。今季のプログラムは、何かをイメージしたり、ストーリーを持ったりして表現するよりも、流れている曲を表現していくので、ベストを尽くし、見ている人がどう感じてくれるかに思いを込めて滑りたいと思っています」

 オフの間にたくさんのアイスショーに出演して、観客の前で新プログラムを滑り込んできた宇野だが、その完成度についてはまだ納得いかない様子だった。

「アイスショーで『天国への階段』のプログラムを何回滑ったかは数えていないのですが、10回に満たないくらいはやったかなと思います。

1 2 3 次へ

関連記事(外部サイト)