ダービー馬ワグネリアンの全弟、カントルも「いい切れ味を秘めている」

ダービー馬ワグネリアンの全弟、カントルも「いい切れ味を秘めている」

ダービー馬ワグネリアンの全弟、カントルも「いい切れ味を秘めている」の画像

厳選!2歳馬情報局(2018年版)
第14回:カントル

 すべての競走馬が目標とする3歳クラシック。その一生に一度の舞台のなかでも、頂点に位置するのが、例年5月末に行なわれるGI日本ダービー(東京・芝2400m)だ。

 今春、このレースを制して栄光をつかんだのは、福永祐一騎手が手綱を取ったワグネリアン(牡3歳/父ディープインパクト)だった。

 昨年7月にデビューしたワグネリアンは、かねてから「大物」と評判だったヘンリーバローズとデビュー戦で激突。新馬戦らしいスローペースの展開のなか、直線に入るとその2頭が早々に抜け出して、最後は3着以下を5馬身も引き離すマッチレースを見せた。

 そして、熾烈な2頭の叩き合いを制したのは、ワグネリアン。上がり32秒6の末脚を駆使して、ライバルをハナ差退けた。

 その後、ワグネリアンはオープン特別、GIII東京スポーツ杯2歳S(東京・芝1800m)と連勝。クラシックの最有力候補に躍り出た。

 しかし、明けて3歳になると、始動戦となったGII弥生賞(中山・芝2000m)で2着、クラシック第1弾のGI皐月賞(中山・芝2000m)では7着と、まさかの連敗を喫した。

 とりわけ皐月賞では、弥生賞で苦杯を舐めた最大のライバル、ダノンプレミアムが直前に出走を回避。

1 2 3 次へ

関連記事(外部サイト)