森保采配で持ち味発揮。「高校No.1ストライカー」が輝きを取り戻した

森保采配で持ち味発揮。「高校No.1ストライカー」が輝きを取り戻した

森保采配で持ち味発揮。「高校No.1ストライカー」が輝きを取り戻したの画像

日本でもっとも多くのゴールを奪ってきた男――大久保嘉人は、それほどの実績がありながら、少しゴールから遠ざかっただけで、「もう二度とゴールできないんじゃないかっていう不安に襲われる」と明かしたことがある。
 そんなとき、自信を取り戻すきっかけは、やはり「ゴールを奪うことしかない」という。

パキスタン戦で2ゴールを決めた岩崎悠人

 だとすれば、かつて「高校ナンバーワンストライカー」と称され、鳴り物入りでプロ入りしながら、ゴールの味を忘れつつあった岩崎悠人(京都サンガ)にとっても、アジア大会のパキスタン戦で奪った2ゴールは、大きな意味を持つかもしれない。
「あの2点で吹っ切れた部分がある」
 パキスタン戦の2日後、岩崎はそう、きっぱりと言った。その言葉は、復活を感じさせると同時に、これまで岩崎がいかに苦悩してきたかをうかがわせた――。
 インドネシアで開催されているアジア大会。U−21日本代表は決勝トーナメント1回戦でマレーシアを1−0で下し、準々決勝進出を決めた。
 劣悪なピッチ状態、過密日程、年上の対戦相手、練習環境の悪さなど、厳しい状況が続き、チームパフォーマンスは決していいわけではないが、そのなかで自身の持ち味を発揮しているのが、2シャドーの一角を務める岩崎だ。
 2戦目のパキスタン戦では1分にディフェンスラインの裏に飛び出し、ロングフィードを胸でトラップして流し込むと、35分にも小刻みなステップワークで密集をかわし、豪快なミドルを突き刺した。

1 2 3 4 次へ

関連記事(外部サイト)