井上尚弥の優勝はもはや確実視。望まれているのはド派手な勝利だ

井上尚弥の優勝はもはや確実視。望まれているのはド派手な勝利だ

井上尚弥の優勝はもはや確実視。望まれているのはド派手な勝利だの画像

「団体を超えた世界一決定戦」として注目されるワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ(WBSS)シーズン2の組み合わせが決まり、バンタム級の”真の王者”誕生に向けて期待が高まっている。

今年5月に3階級制覇を達成した井上

 WBA正規王座を保持する井上尚弥(大橋)は、10月7日に横浜アリーナで行なわれる第1ラウンドで、元WBA 世界バンタム級スーパー王者ファン・カルロス・パヤノ(ドミニカ共和国)との対戦が決定。
 その他、WBAスーパー王者ライアン・バーネット(イギリス)、IBF王者エマヌエル・ロドリゲス(プエルトリコ)、WBO王者ゾラニ・テテ(南アフリカ)、元世界4階級制覇王者ノニト・ドネア(フィリピン)らが参戦する賞金争奪トーナメントは、世界中のボクシングファンを歓喜させるだろう。
 あらかじめ断っておくと、WBSSはアメリカ国内で特別に大きな注目を集めているわけではない。もともと欧州主導の大会であるため、アメリカの有力選手がほとんど参加していないからだ。それゆえ、シーズン1(クルーザー級とスーパーミドル級で実施)も今回も、米国内の有力テレビ局は中継を見送った。今回はアメリカでも9月からサービスを開始するDAZN(ダ・ゾーン)での配信が決まったが、まだ”マニアック”な盛り上がりだ。

1 2 3 4 5 次へ

関連記事(外部サイト)