室屋義秀に起きた初めての「まさか」。エアレース王者の悪夢は続く

室屋義秀に起きた初めての「まさか」。エアレース王者の悪夢は続く

室屋義秀に起きた初めての「まさか」。エアレース王者の悪夢は続くの画像

過去2戦、屈辱的な敗退が続いていても、室屋義秀は落ち着いていた。
「かなり人が多かったから、あまり真上を飛んだら悪いかなと思って(笑)」
 レッドブル・エアレース・ワールドチャンピオンシップ第5戦が行なわれたロシア・カザンでは、エアレース予選と時をほぼ同じくして、サッカーのロシアリーグ、ルビン・カザン対CSKAモスクワの試合が行なわれていた。
 試合会場のカザン・アリーナ(ロシアW杯の会場でもあった)は、レーストラックのすぐ東側にあり、旋回してスタート順を待つパイロットにとっては、その上空がまさに待機場所。国内屈指の好カードとあって多くの観客が集まる様子を、室屋は「ずいぶん人が多いなぁ」と眺めるだけの余裕があったわけだ。
 その予選を5位とまずまずの順位で終えた室屋は、翌日のレースデイに入っても、安定して質の高いフライトを見せていた。
 ラウンド・オブ・14では、予選10位のニコラス・イワノフと対戦し、1秒以上の大差をつける圧勝で勝ち抜け。冗談交じりにフライトを振り返る室屋の様子からは、どれほどの手応えがあったかがうかがえる。
「カンヌ(での第2戦)以来、ラウンド・オブ・14を抜けられず、そこが地味にハードな”関所”になっていたので、勝ち抜けてホッとした。でも、約4カ月ぶりの勝利というより、(過去2戦がオーバーGによるDNFだったため)完走自体が久しぶり。

1 2 3 4 次へ

関連記事(外部サイト)