錦織圭が全米の初戦で圧勝。課題のサーブは「トスの高さ」が鍵になる

錦織圭が全米の初戦で圧勝。課題のサーブは「トスの高さ」が鍵になる

錦織圭が全米の初戦で圧勝。課題のサーブは「トスの高さ」が鍵になるの画像

得意のエアKも出て、初戦をストレートで勝った錦織圭

 錦織圭は、2年ぶりのフラッシング・メドウズでのプレーで、”エアK”も含めた躍動するテニスを披露してみせた。
 今季グランドスラムの最終戦であるUSオープン(全米テニス)の1回戦、第21シードの錦織(ATPランキング19位、8月27日付け/以下同)は、マクシミリアン・マーテラー(50位・ドイツ)を、6−2、6−2、6−3で破り2年ぶりに2回戦進出を決めた。
 錦織は、各セットで2回ずつマーテラーのサービスブレークに成功し、自分のサービスゲームでは一度もブレークポイントを相手に与えない完勝だった。
 マーテラーは、191cmの長身で、クレー(赤土)コートでのプレーを得意とする23歳の選手。錦織が、リターンポジションをベースライン後方2〜3mから、マーテラーの高速サーブをきっちりリターンし、さらに早い展開に持ち込んだため、マーテラーはそれについていけず多くのミスを強いられた。
 また、錦織はファーストサーブの確率こそ55%だったが、ポイント獲得率が87%、さらにセカンドサーブのポイント獲得率も84%と非常に高かった。
「相手のリターンミスもありましたし、助けられた部分もあった。平均的なところで、可もなく不可もなく、いいサーブは打てていた。リターンゲームであれだけブレークできていたので、少しリラックスして(サーブを打つことが)できたのもあったかもしれない」
 こう振り返った錦織は、フォアハンドの11本を含む合計25本のウィナーを打ち込み、マーテラーから29本のミスを引き出して、シード選手としての実力差を見せつけた。

1 2 3 次へ

関連記事(外部サイト)