錦織圭が全米の初戦で圧勝。課題のサーブは「トスの高さ」が鍵になる


 今夏のUSオープンシリーズ前哨戦で錦織は、ATPワシントンD.C.大会でベスト8に進出したものの、マスターズ1000・トロント大会は1回戦敗退、さらにマスターズ1000・シンシナティ大会で2回戦敗退と、満足できるような結果を残せていなかった。
 負けた試合で共通していたのは、ダブルフォールトをしたりファーストサーブの確率が下がったり、悪くなったサーブから他のショットへ悪影響を及ぼしたことだ。
「サーブはあんまりよくなかったですね。特に、この2大会は。ミスもありましたし、ファースト(サーブ)も入ってなかったので。サーブも修正していかないといけない一つではあります」
 このように課題を口にした錦織の全大会に帯同しているダンテ・ボッティーニコーチは、USオープンに向けて一緒に調整に取り組んだ。
「たしかに今までの夏と比べると、ベストな結果ではありませんでした。これまでの3大会の中で、いくつかいい試合もありましたが、シンシナティ(2回戦)での(スタン・)バブリンカ戦では、圭がレベルを落として敗れました。
 その後、フロリダに戻ってたくさんの時間を費やして、やるべきことをハードに練習したことで、とてもいいプレーができるようになったと思います。USオープンに向けて、ハードコートへの調整ができました」
 そして、問題のサーブに関して、ボッティーニコーチは、トスが重要なファクターだと指摘する。

関連記事(外部サイト)