実力比較が難しい小倉2歳Sは、おませな「牝馬3頭」におまかせ!

実力比較が難しい小倉2歳Sは、おませな「牝馬3頭」におまかせ!

実力比較が難しい小倉2歳Sは、おませな「牝馬3頭」におまかせ!の画像

夏の小倉開催を締めくくるGIII小倉2歳S(小倉・芝1200m)が9月2日に行なわれる。

 2歳戦、それも夏場のレースとなれば、ほとんどの馬が1〜2戦のキャリアしかなく、実力比較が難しく、展開も読みづらいため、レース予想は難解を極める。しかも、小倉2歳Sは小回りの1200mという舞台設定とあって、紛れが多く、さらに厄介だ。

 ゆえに、過去10年の結果を振り返ってみても、何度となく波乱が起きている。代表的なのは、2014年。15番人気のオーミアリスが勝って、単勝が1万2020円、3連単は47万2690円という高配当をつけた。

 この他にも、2011年には12番人気のハギノコメントが3着に入線し、2016年には10番人気のダイイチターミナルが2着に突っ込むなど、穴馬の台頭が頻繁に見られる。

 とすれば、夏の締めくくりに”万馬券”ゲットの青写真を描くのも悪くない。そこで、過去10年の結果を参考にして、今年の「穴馬」候補をあぶり出してみたい。

 まず過去の激走馬を見てみると、同じ舞台の小倉・芝1200mでデビュー勝ちしながら、人気薄にとどまっていた馬が多いことがわかる。

 前述のオーミアリスをはじめ、2010年に9番人気で3着に入ったスギノエンデバー、2012年に6番人気で2着となったクラウンレガーロ、同じく7番人気で3着となったラヴァーズポイント、さらに2017年に7番人気で3着に飛び込んできたバーニングペスカらがそうだ。

1 2 3 4 次へ

関連記事(外部サイト)