確かな実力を秘めたリスト。不運に泣かされた兄たちの無念を晴らすか

確かな実力を秘めたリスト。不運に泣かされた兄たちの無念を晴らすか

確かな実力を秘めたリスト。不運に泣かされた兄たちの無念を晴らすかの画像

厳選!2歳馬情報局(2018年版)
第15回:リスト

 今年のGI日本ダービー(東京・芝2400m)を制したワグネリアン(牡3歳)と、デビュー戦で熾烈なマッチレースを繰り広げた馬がいる。早い段階から素質を高く評価されていたヘンリーバローズ(牡3歳/父ディープインパクト)である。

 同馬は生まれたときから注目され、順調に育成段階を過ごすと、多くのファンから絶大な期待が寄せられた。ゆえに、初陣から単勝1.7倍と、ワグネリアンらを抑えて断然の1番人気に支持された。

 その一戦が、昨夏の2歳新馬(2017年7月16日/中京・芝2000m)。レースは前半の1000mが67秒という超スローペースとなり、直線を迎えると、ヘンリーバローズとワグネリアンが抜け出した。

 2頭が繰り出した末脚は、他馬とは次元が違った。ワグネリアンが上がり32秒6という切れ味を披露すれば、ヘンリーバローズもファンの期待どおり、上がり32秒8という時計をマークして応戦した。だが、わずかに前に出て勝利を飾ったのは、ワグネリアンだった。

 それからおよそ2カ月半後、ヘンリーバローズは2戦目となる2歳未勝利(2017年9月30/阪神・芝1800m)に出走。好スタートから先頭を切って、直線に入ってからも1度もムチを使うことなく、後続を4馬身突き離した。

1 2 3 次へ

関連記事(外部サイト)