大迫勇也がリーグ戦初得点に自信。「希望外の役割」でも楽しんでいる

大迫勇也がリーグ戦初得点に自信。「希望外の役割」でも楽しんでいる

大迫勇也がリーグ戦初得点に自信。「希望外の役割」でも楽しんでいるの画像

ブンデスリーガ第2節、フランクフルト対ブレーメン。試合前のスタジアムで話題になったのは、「長谷部誠がベンチ外になった理由がわからない」ということだった。

 フランクフルト番のドイツ人記者たちが、こぞって「練習は普通にやっているのに、なんでベンチにさえいないのか?」と、我々日本人に聞いてくる。前節の欠場は風邪をひいたという理由だったが、さすがに1週間も長引くとは思えないし、だいたい練習には出ているのだから当てはまらないだろう。


フランクフルト戦で先制ゴールを決めた大迫勇也(ブレーメン)

 試合後、アドルフ・ヒュッター監督の記者会見で「長谷部はどうしたのか」と質問が飛んだ。新指揮官は「ベンチに3人もディフェンダーを置いておきたくなかった。ボランチをできることは知っているけれど……」と答えている。

 この回答からいくつかのことがわかる。ヒュッター監督は長谷部をディフェンダーだとみなしていること。少なくともディフェンダーのなかでは控えの3番手だということ。そして、ボランチが本職だとは捉えていないことだ。

 長谷部は前任のニコ・コバチ監督からは絶大な信頼を寄せられていた。昨シーズンの終盤などは、リーグ戦の第32節から第34節まで3試合も出場停止で戦線離脱していたにもかかわらず、その後のドイツ杯決勝では先発起用された。

1 2 3 次へ

関連記事(外部サイト)