スペイン代表とドイツ代表がうまくいっていない要因を探ってみた

スペイン代表とドイツ代表がうまくいっていない要因を探ってみた

スペイン代表とドイツ代表がうまくいっていない要因を探ってみたの画像

蹴球最前線──ワールドフットボール観戦術── vol.38
 サッカーの試合実況で日本随一のキャリアを持つ倉敷保雄、サッカージャーナリスト、サッカー中継の解説者として長年フットボールシーンを取材し続ける中山淳、スペインでの取材経験を活かし、現地情報、試合分析に定評のある小澤一郎――。この企画では、経験豊富なサッカー通の達人3人が語り合います。
 今回のテーマは、ロシアW杯で予想外の結果となったドイツとスペイン。優勝候補と目されていた強豪は、なぜ早期敗退してしまったのか。原因を探ってみると…。連載一覧はこちら>>

倉敷 今回は「ロシア大会で頑張れなかったチーム」について話をしようと思います。まず、ドイツから話しましょう。中山さん、ドイツはどうしたのでしょう?
中山 この大会でのいちばんのサプライズですよね。ただ振り返ってみると、去年の秋頃から始まって、とくに今年に入ってからの親善試合で結果が出ていませんでしたし、内容もよくなかった試合が続いていたんですよね。
倉敷 予選からのサイクルでみれば、ブラジルもそうでしたね。最後の方は勝てなくなっていました。
中山 ですから、本番に向けてチームの調子を上げられなかったことが敗因のひとつになったのだろうという気はします。
倉敷 契約は延長しましたが、ヨアヒム・レーヴ監督のサイクルは終わりなのでしょうか? 
中山 個人的には、ドイツという国、あるいはドイツサッカー協会のこれまでの歴史を考えると、ここでレーヴをクビにせず、「まだ大丈夫」「サッカーの中身を変えればいい」という方針を固めたことは正しいというか、ドイツらしいと思いました。

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 次へ

関連記事(外部サイト)