マリノス、原点回帰で貴重な1勝。残留争いから抜け出す契機となるか

マリノス、原点回帰で貴重な1勝。残留争いから抜け出す契機となるか

マリノス、原点回帰で貴重な1勝。残留争いから抜け出す契機となるかの画像

「ほぼ主導権を握れていて、自分たちのサッカーが表現できたと思います」
 横浜F・マリノスのアンジェ・ポステコグルー監督は、そう言って試合を総括した。ホームに柏レイソルを迎えたJ1第25節、横浜FMは3−1で勝利した。勝ち点3を掴んだのは、結果的に原点回帰によるものだった。

柏レイソル戦で2ゴールを決めた伊藤翔

 横浜FMが標榜しているのは、単純なポゼッションサッカーというだけではなく、思わず独自と表現したくなるハイラインとハイプレスにある。そうしたサッカーを構築する過程での”生みの苦しみ”とでも言えばいいだろうか。今シーズンの横浜FMは、なかなか結果が伴わず、苦しんでいる。
 試行錯誤するなか、指揮官はシステム変更を決断。J1第22節の名古屋グランパス戦から方向転換を図り、4−3−3から3バックを主体とした3−6−1で戦っていた。
 ただ、それでも1勝3敗と成績はふるわず。システム変更は、浮上への起爆剤にはなっていなかった……。だが、柏レイソル戦では、3バックのセンターを務めてきたDFドゥシャンが出場停止。ふたたび慣れ親しんだ4−3−3に回帰すると、これが見事にハマった。
 前半5分こそ、前線に狙った縦パスをカットされ、逆に縦につながれると、FW伊東純也に抜け出されてシュートを打たれたが、その後はポステコグルー監督も語ったように、完全に主導権を握った。

1 2 3 4 5 次へ

関連記事(外部サイト)