サブ降格を経験した背番号10、三好康児がアジア大会で学んだこと

サブ降格を経験した背番号10、三好康児がアジア大会で学んだこと

サブ降格を経験した背番号10、三好康児がアジア大会で学んだことの画像

2013年U−17ワールドカップでも、2017年U−20ワールドカップでも、三好康児(北海道コンサドーレ札幌)は不動のレギュラーだった。

 2年後の東京五輪でメダル獲得を目指すU−21日本代表でも、押しも押されもしない存在だった。今大会を迎えるまでは……。


キャプテンマークを託された「背番号10」三好康児の心境は......

 背番号10を背負い、今大会ではキャプテンマークまで託されていたが、大会中に三好はサブ降格を経験した。

 そのきっかけは、グループステージにあった。

 先発したネパールとの初戦は1−0で勝利したものの、6バックで守る相手に苦戦し、三好だけでなく、チーム全体のパフォーマンスが低かった。メンバーを変更して臨んだパキスタン戦では三好もスタメンから外れ、チームは4−0と勝利した。

 先発に返り咲いたベトナム戦では、とくに前半、チーム全体が腰の引けた戦いしか見せられず、0−1と敗れてしまう。三好自身、納得のいくプレーを見せられたわけでなく、試合後、悔しさを押し殺すようにして言った。

「こういう試合でチームをしっかり引っ張っていくようなプレーをしていかなければ、この先はないなって思いました」

 5日後、ラウンド16のマレーシア戦のスターティングリストに三好の名前はなかった。

1 2 3 4 5 次へ

関連記事(外部サイト)