マンC戦で初の出番なし。それでも武藤嘉紀は「逆境をはね返す」と誓う



 リーグ戦に限定しても、開幕4試合で1分3敗の未勝利。苦しいスタートになったが、トットナム・ホットスパー、チェルシー、マンチェスター・Cと強豪クラブとの対戦が続き、厳しい日程であったことは確かだ。ただ、武藤によれば、チーム内の雰囲気は決してよくないという。

 武藤自身の状況も芳(かんば)しくない。ノッティンガム・フォレスト戦で2トップの一角として初先発したものの、シュート1本で77分に交代を命じられた。敗戦後、ベニテス監督は「武藤はチームのためにハードワークをしていたが、イングランドサッカーは他の国に比べてプレースピードが速い。そのスピードに適応する必要がある」とコメント。武藤の序列は、やや低下したように思われた。

 ただし、ノッティンガム・フォレスト戦は、肝心のチーム自体が機能していなかった。武藤が前線からプレスをかけようとも、中盤以下の選手がついてこない。また、パスもうまく回らず、どのように攻めるのかという明確な意図が見えてこなかった。ユース所属選手も入れた即席チームであったため、連係もままならなかった。

 さらに、ベニテス監督はチェルシー、マンチェスター・Cとの連戦で守備的な戦術を用いたが、その間に行なわれたイングランド2部リーグ所属のノッティンガム・フォレスト戦で「攻撃的に振る舞えたか?」と問えば、決してそうではなかった。

関連記事(外部サイト)