NFLドラフト1巡目でQBが5人も。今年の新顔はスター候補ぞろい

ただ、その当初からジャクソンのプレースタイルは「プロ向きではない」と言われていた。
 ジャクソンはQBでありながら走力が非常に高く、2016年と2017年には自らのランで1500ヤード以上を稼いだ。だがその一方、パスの通算成功率は57.0%と低い。大学時代は「走れるQB」と評価されていても、NFLのディフェンス陣はそう甘くない。プロの世界に入ったのならば、大学時代以上に高いパス能力が求められるだろう。

「ジャクソンはQBではなく、ワイドレシーバー(WR)としてNFLに行くべきだ」。ドラフト前はそんな声も聞こえた。だが、プレシーズンではマイケル・ビック(元アトランタ・ファルコンズ)を思い出させるような独特のステップでランヤードを獲得し、関係者を大いに興奮させた。ドラフトでは低い評価だったが、面白い選手になる可能性を十分に秘めている。

 そしてひとりだけ、QBではないが紹介しておきたいルーキーがいる。それは、ニューヨーク・ジャイアンツが全体2番目で指名したランニングバック(RB)のサクオン・バークリーだ。全ポジションを通して「今年のドラフトで一番の選手は誰か?」と問われれば、「ペンシルバニア州立大のバークリー」という答えが多くを占めていた。それほどの逸材なのだ。

 機動力、パス捕球力、身体の強さ、フットボールIQの高さ……。

関連記事(外部サイト)