アジア大会で日本勢の好敵手として活躍。美貌と実力を併せ持つ5人

アジア大会で日本勢の好敵手として活躍。美貌と実力を併せ持つ5人

アジア大会で日本勢の好敵手として活躍。美貌と実力を併せ持つ5人の画像

熱狂のうちに幕を閉じたアジア競技大会2018。日本が中国に次ぐ75個の金メダルを獲得し、6冠に輝いた競泳女子の池江璃花子が大会のMVPに選ばれるなど、日本選手団の躍進が目立った大会となった。
 大きな感動を得られるのも、競い合う強力なライバルがいてこそ。そこで今回は、東京五輪でも日本選手の好敵手となることが予想される、アジア大会で美しく輝いたアスリートを紹介する。

photo by Getty Images

競泳・50m背泳ぎ、50m自由形
リウ・シアン(中国/22歳)
 1996年9月1日生まれ。18歳で出場した2015年の世界選手権で50メートル背泳ぎの銅メダリストになると、今回のアジア大会では同種目で世界新記録をマークし、金メダルを手にした。50m自由形でも、金メダルを獲得した池江璃花子と僅差の2位。オールラウンドに活躍する「中国のマーメイド」のさらなる成長が楽しみだ。

photo by Reuters/AFLO


陸上・三段跳び
オルガ・リパコワ(カザフスタン/33歳)
 1984年11月30日生まれ。幅跳び、七種競技の選手として活躍していたが、2007年から平行して取り組むようになった三段跳びでトップアスリートの仲間入りを果たす。

1 2 3 次へ

関連記事(外部サイト)