山本昌がレジェンド解説。100回大会のマウンドで輝いた13人の好投手

リリースポイントは低いですが、ボールの走りはいいし、体の力の強さも感じます。スピードもコンスタントに140キロ台後半が出ていますね。プロに進んだとしても、早い段階でリリーフとして出てこられる力を持っていると思います。今はリリースでボールを押して投げるタイプなので、前で叩けるようになるともっといいボールが投げられるようになるでしょう。

初戦の佐久長聖戦では8回4失点ながら自責点0と好投した旭川大高の沼田翔平

沼田翔平(旭川大高3年/175cm・65kg/右投右打)
ストレートは140キロ台中盤まで出るし、腕が真上から出てくる投げ方なので、カーブやフォークなど縦の変化球が有効に使えそうですね。ただ、私は投手を見る際にライン(投手が投げる際に使う空間の幅のこと)のなかに体を収めて使えているかをチェックするのですが、彼は頭と手首から指先までがラインから少しずれるんです。頭がずれるとコントロールがつきにくいし、手首は寝ていて押し出すように見える。顔を立てて、前で切るように投げられれば、もっといい投手になるはずです。

チームを甲子園初勝利に導いた下関国際のエース・鶴田克樹

鶴田克樹(下関国際3年/180cm・93kg/右投右打)
体が大きくて、いかにも馬力がありそうな投手です。でも、コントロールがいいので強豪校を立て続けに破ることができたのでしょう。

関連記事(外部サイト)