錦織圭がチリッチ撃破でベスト4。第2セット第7ゲームが転機だった

錦織圭がチリッチ撃破でベスト4。第2セット第7ゲームが転機だった

錦織圭がチリッチ撃破でベスト4。第2セット第7ゲームが転機だったの画像

激闘を制し、安堵の表情を浮かべていた錦織圭

 4時間8分におよぶ激戦を制した瞬間、錦織圭は、コーチたちに向かって両手を上げ、満面の笑みで勝利の喜びを分かち合った――。
 グランドスラム今季最終戦・USオープン準々決勝で、第21シードの錦織(ATPランキング19位、8月27日づけ/以下同)が、第7シードのマリン・チリッチ(7位、クロアチア)を、2−6、6−4、7−6(5)、4−6、6−4で破り、3年ぶり3度目のベスト4に進出した。
 2014年USオープン男子決勝の再現となった今回の準々決勝。あの時、初めてグランドスラム決勝に進出した錦織は、準決勝までの戦いでエネルギーをほとんど使い果たしてしまい、もはやチリッチに勝てるほどの力は残されていなかった。
 今回も序盤では、チリッチが好調で第1セットを6−2で取り、さらに第2セットも4−2までリードを奪った。4年前の決勝を思い起こさせるような展開で、錦織は内心穏やかではなかった。
「2セット目の途中まで、本当にこの前と一緒の展開だと思った。自分が何もできずに、ミスも早いし、彼の攻撃的なテニスにやられている。どうにかして払拭したい」
 こう考えていた錦織は、第2セット第7ゲームのチリッチのサービスをラブゲームでブレークに成功し、これがきっかけとなった。
「ちょっと気持ちがふっ切れて、(自分の)ショットの精度が上がって来た。

1 2 3 次へ

関連記事(外部サイト)