大坂なおみは挑戦者として決勝を楽しむ。「夢が現実になってうれしい」

大坂なおみは挑戦者として決勝を楽しむ。「夢が現実になってうれしい」

大坂なおみは挑戦者として決勝を楽しむ。「夢が現実になってうれしい」の画像

「子供のときに、グランドスラムの決勝で、セリーナとプレーすることをいつも夢見ていました。それが現実となったのです。とてもうれしい」
 グランドスラム今季最終戦となるUSオープンの準決勝で、第20シードの大坂なおみ(WTAランキング19位、8月27日づけ/以下同)は、第14シードのマジソン・キーズ(14位、アメリカ)を、6−2、6−4で破り初めて決勝に進出した。大坂にとって、グランドスラムで初の決勝進出となり、日本女子プロテニス選手として史上初の快挙だ。

試合後、対戦相手のキーズとガッチリ握手をかわした大坂なおみ(左)

 準決勝前の下馬評は、キーズが優勢。キーズとの対戦成績が大坂の0勝3敗で、2年前のUSオープン3回戦で、大坂は勝利まであと2ポイントまで迫りながら、逆転負けを喫して悔し涙を流したこともあったからだ。
 だが、試合が始まると、「私はより安定したプレーにトライする」と語っていた大坂が有言実行。終始キーズより安定したいいプレーを続けた。
 大坂には2度、ピンチがあった。まず、第1セット第4ゲーム。ここは4回のブレークポイントをしのいで2回のデュースの末にキープ。そして、第2セット第2ゲーム。こちらは6回のブレークポイントをしのいで7回のデュースの末、なんとかキープに成功した。
「より我慢強くプレーをしよう」と心がけた大坂は、ウィナーの数は13本でそれほど多くはなかったが、攻撃力だけでなく守備力も光った。

1 2 3 次へ

関連記事(外部サイト)