恩人・今西和男が森保一を語る。「サッカーを続けたいと必死だった」

恩人・今西和男が森保一を語る。「サッカーを続けたいと必死だった」

恩人・今西和男が森保一を語る。「サッカーを続けたいと必死だった」の画像

今西和男が高校卒業時に全く無名であった森保一を見出して、新人に対して5人しか枠の無かったマツダのサッカー部(現サンフレッチェ広島)に6人目の選手として採用するため子会社のマツダ運輸に入社させたのは知られた話である。

原爆ドームが見える場所で撮影。広島は今西氏が生まれ育った場所だ


「あそこで今西さんに拾われていなければ、サッカーを続けられていたかどうかも分からないです」とかつて筆者のインタビュー(『徳は孤ならず 日本サッカーの育将 今西和男』収録)で森保は語っている。それであれば、もしもこの邂逅がなければ、2020年の東京オリンピック、2022年のW杯に向けての代表監督も誕生していなかったとも言えようか。
 今、再び今西に18歳の森保のどこに魅かれたのかを確認しに広島に来た。意図はふたつ。”育将”の慧眼にかなった理由を紐解くことは、現在のユース世代の選手の指針にもなるのではないか。加えて高校時代からの森保を近くで知る今西から、多大な重責を担う指揮官への言葉を受け取ることでそのエールにも変えたいという思いだ。
ーー長崎県内でも無名だった森保監督をあえてマツダへ採ろうとしたのは、今西さんが、その視野の広さを認めたからだと言われていますが、その背景を改めて教えてもらえますか。
「森保を採るときに私は数回、高校(長崎日大)へ通いました。

1 2 3 4 5 次へ

関連記事(外部サイト)