クビになった監督は何をやってたんだ。有望な若手が森保Jで大暴れ

クビになった監督は何をやってたんだ。有望な若手が森保Jで大暴れ

クビになった監督は何をやってたんだ。有望な若手が森保Jで大暴れの画像

森保一監督就任後、初めてとなる親善試合で、日本代表はコスタリカを3−0と下した。日本代表が国際試合を行なうのは、7月2日(日本時間7月3日)以来、およそ2カ月ぶりのことである。

 約2カ月前の試合とは、すなわち、W杯ロシア大会の決勝トーナメント1回戦。ベルギーと激闘を繰り広げた、日本サッカー史に残る好ゲームこそが、日本代表戦の最も新しい記憶だった。

 見る人によって多少の差こそあれ、当時の余韻を引きずったまま、今回のコスタリカ戦を見たという人は多かったのではないだろうか。あのワクワク感を再び、というわけだ。

 もちろん、単なる親善試合と、W杯の試合とを比較すること自体、ナンセンスではある。

 だが、それでも日本代表の試合であることに変わりはない。不甲斐ない内容に終わればもちろん、それほど悪くない試合をしたとしても、ベルギー戦の強すぎる印象から、「やっぱり若手や国内組じゃあダメだな」というネガティブな見方をされかねない。

 新生・日本代表が初陣で超えるべきハードルは、相当に高かったはずなのである。

 にもかかわらず、そんな前提を踏まえてもなお、試合はとても面白かった。ベルギー戦とは別の種類ではあるものの、十分なワクワク感(未来への期待感とでも言おうか)を抱かせてくれるに足る試合だった。

1 2 3 次へ

関連記事(外部サイト)