大混戦セ・リーグCS争いの行方は。目利きの評論家3人が大予想

大混戦セ・リーグCS争いの行方は。目利きの評論家3人が大予想

大混戦セ・リーグCS争いの行方は。目利きの評論家3人が大予想の画像

広島の優勝までのマジックが7となり、いよいよリーグ3連覇も目前に迫ってきた。独走する広島をよそに、熾烈を極めているのがクライマックス・シリーズ(CS)の進出争いである。現在2位のヤクルトから最下位・中日までのゲーム差は6。数字上、まだどのチームにもチャンスがある。はたして、CSに進出するのはどのチームなのか。藪恵壹氏、西山秀二氏、門倉健氏の評論家3人にセ・リーグの行方を占ってもらった。

糸井嘉男とともに阪神打線を牽引する福留孝介

藪恵壹氏(元阪神、楽天など)
 数字上、ヤクルトがやや優位かなと思うのですが、今年のセ・リーグは広島以外の5球団はどこも決め手がなく、CS争いは最後の最後までもつれると思います。
 そのなかで期待するチームを挙げるとすると、OBということもあり、どうしても阪神になってしまいます。ここにきてスタメンも固まってきましたし、以前より得点力不足に悩むことはなくなってきました。ピッチャーも攻撃陣が得点してくれるといい意味で大胆に勝負できますので、無駄な四球も減るでしょうし、リズムもよくなる。それが打線にも好影響を及ぼすと思います。
 今シーズンの阪神の勝ちパターンは、先制して、そのリードを小刻みな継投で逃げ切る。とくにリリーフの安定感は、セ・リーグのなかでも屈指です。先発がなんとか6回まで持ってくれれば、十分に勝機はあります。

1 2 3 4 5 次へ

関連記事(外部サイト)