武器は「何をするのかわからない」。堂安律がヒデや本田の系譜を継ぐ

次、呼んでもらえたら、今度こそは得点を、という気持ちでいます」

 代表デビュー戦ながら、堂安は今後の手応えをつかみ、自らの可能性をチームメイトやファンに示した。周囲の注目を浴びるなか、練習中についていたという「背番号21」は今後、どう変わっていくのか。

 4年後のカタールW杯では、過去の誰とも似つかない”堂安律”という絶大な存在となっていても、何ら不思議ではない。

前へ 1 2 3 4 5 6

関連記事(外部サイト)