「背中が抜群」のフランクリン。繁栄する一族から新たなスター誕生か

「背中が抜群」のフランクリン。繁栄する一族から新たなスター誕生か

「背中が抜群」のフランクリン。繁栄する一族から新たなスター誕生かの画像

厳選!2歳馬情報局(2018年版)
第17回:フランクリン

 1990年代以降、日本の競馬界で勢力を拡大している”一族”がある。アイルランド生まれの繁殖牝馬バレークイーンからなる血統だ。

 バレークイーン自身、日本に輸入されると、いきなり大物を出した。1996年にデビュー3戦目でGI日本ダービー(東京・芝2400m)を制したフサイチコンコルドである。

 さらにその後、2006年生まれのアンライバルドがGI皐月賞(2009年/中山・芝2000m)を制覇。2頭のクラシックホースを世に送り出している

 それだけでも十分な偉業と言えるが、彼女が生んだ娘たちも繁殖牝馬となって、大舞台で躍動する逸材たちを次々に輩出しているのだ。

 なかでも、目覚しい功績を残しているのが、バレークイーンの2番仔グレースアドマイヤ。GI菊花賞(京都・芝3000m)をはじめ、GI有馬記念(中山・芝2500m)、GI天皇賞・春(京都・芝3200m)で2着という結果を残し、GIIを3勝しているリンカーンや、皐月賞を勝ったヴィクトリーらを出している。

 そのうえで、グレースアドマイヤの娘たちも大いに活躍。6番仔のスカーレットは、昨年の日本ダービーで1番人気に支持され、3着に入ったアドミラブルを送り出している。

1 2 3 次へ

関連記事(外部サイト)