「ダン・カーター劇場」で昨年王者を撃破。主役はコメントも格好いい

「ダン・カーター劇場」で昨年王者を撃破。主役はコメントも格好いい

「ダン・カーター劇場」で昨年王者を撃破。主役はコメントも格好いいの画像

サッカーで言えばメッシ、クリスティアーノ・ロナウド級の「ラグビー界が誇る世界的スーパースター」が、ついに日本デビューを果たした。
 9月14日にトップリーグ第3節が行なわれ、秩父宮ラグビー場では昨年の王者サントリーサンゴリアスと神戸製鋼コベルコスティーラーズが激突。神戸製鋼は先週、札幌での試合が北海道胆振(いぶり)東部地震の影響で延期となり、この試合が2試合目である。

ついにトップリーグデビューを果たした「レジェンド」ダン・カーター

 ニュージーランド代表で112キャップを誇る「DC」ことSO(スタンドオフ)ダン・カーターは、赤いジャージの10番を背負って登場した。トップリーグ16年の歴史のなかでも随一のレジェンドの初お披露目とあって、前売り券の指定席は完売。雨予報の金曜日夜の試合にもかかわらず、1万8千人近くの観客が集まった。
 カーターはオールブラックスの10番としてワールドカップに4度出場し、2011年のニュージーランド大会と2015年のイングランド大会でニュージーランドの2連覇に貢献した司令塔だ。代表からは引退しているが、現在もテストマッチ世界歴代最高1598得点の記録保持者である。また、スーパーラグビーでもクルセイダーズで3度優勝し、2004年と2006年には年間最優秀選手に選出された。今でも2015年までプレーしたスーパーラグビーの最多記録得点(1708点)を保持している。

1 2 3 4 5 次へ

関連記事(外部サイト)