マンセルと激闘、シューマッハを猛追。アレジは鈴鹿で誰よりも速かった

マンセルと激闘、シューマッハを猛追。アレジは鈴鹿で誰よりも速かった

マンセルと激闘、シューマッハを猛追。アレジは鈴鹿で誰よりも速かったの画像

【短期連載】鈴鹿F1日本グランプリ30回記念企画

 10月5日〜7日、三重県の鈴鹿サーキットにてF1第17戦・日本GPが開催される。

 同地でのF1開催は、今年で30回目。その記念すべき2018年大会を盛り上げるべく、日本GPで名バトルを繰り広げたレジェンドドライバーたちがやってくる。鈴鹿サーキットを駆け抜けた名マシンに乗り込み、週末にはデモンストレーションランなども行なわれるが、そのなかでもひと際注目なのがジャン・アレジだ。

F1日本GP「伝説の瞬間」(1)から読む>>>


1994年の日本GPで雨のなかを激走するフェラーリのジャン・アレジ

F1日本GP「伝説の瞬間」(6)@ゲストドライバー編
ジャン・アレジ(1994年〜1995年)

 1964年生まれのフランス出身。1989年の途中にティレルからF1デビューしたアレジは、1991年に名門フェラーリへと移籍を果たす。当時のエースナンバーであるカーナンバー27をつけ、常にコース幅いっぱいまで攻める闘志むき出しのドライビングは、フェラーリの地元イタリアの熱狂的ファン「ティフォージ」をはじめ、世界中のファンを魅了した。

 合計13シーズンにわたって活躍し、出走回数は歴代17位タイとなる202戦を誇るが、表彰台の中央に立ったのは1995年のカナダGP、その1回のみである。

1 2 3 次へ

関連記事(外部サイト)