終盤戦で全員好調は逆に不安。打撃不振はティーバッティングが処方箋

そうなるとスムーズな軌道でバットが出てこなくなり、本来打てるはずの球が打てなくなる。
 およそのスイングを見れば、どこが悪いかがわかる。それを伝え、本来打てるポイントのところにトスをして、ミートすることを意識させる。それを徹底的に続け、スイングが戻ってきたらタイミングを少しずらしたり、コースを変えたりしてやる。一見地味な練習だが、選手のスイングをもと通りにするにはこれが一番いい。
 ティーバッティングのあと、今度はフリーバッティンで本当に修正されているかを見極める。そして相手の先発投手をイメージして、このスイングでどんな対応ができるかを想像してみる。
 完調してきた打者がいれば、どのようにして得点するかを考え、打線を決める。結局、打撃コーチにできることなど、その程度ぐらいのことだ。
 実際、プレイボールがかかれば、試合をするのは選手たちである。とくにシーズン終盤というのは、いかに選手を気持ちよく打席に立たせてあげられるか、そこだけに集中しているといっても過言ではない。

前へ 1 2 3 4

関連記事(外部サイト)