福田正博は森保流マネジメントを高評価。「初戦で驚きの完成度」

しかし、そこに向かう日本代表にとっては、彼が広島時代の森保監督のもとで培ってきた経験則が、”森保サッカー”をやるために必要不可欠なものであり、若い選手にとってのガイドラインともいうべきものだ。

 たとえば、ウルグアイ代表CBの32歳のディエゴ・ゴディンと23歳のホセ・マリア・ヒメネスは、アトレティコ・マドリードで一緒にプレーするなかで、ゴディンがお手本となってヒメネスの成長をもたらしている。それと同じで、守備的MFのポジションで青山と一緒にプレーする選手が、ここからどう青山のプレーを吸収していくのかは、森保監督の戦術やスタイルを日本代表に浸透させていくためのポイントになるはずだ。
 森保監督はJリーグの視察にも熱心で、海外組だけを招集するわけではない。「チームのために一生懸命に働き、その上でプラスアルファ」を発揮できれば、国内・海外にかかわらず日本代表に選ばれる可能性がある。これは選手にも伝わっているはずで、Jリーグが活性化していくだろう。10月にあるパナマ代表、ウルグアイ代表を迎える国際親善試合では、どういった選手が招集されるのか楽しみだ。
 また、今回のコスタリカ戦で若手が結果を出したことは、今回招集されなかったW杯ロシア大会のメンバーである吉田麻也(サウサンプトン)や大迫勇也(ブレ−メン)、乾ら、海外組の選手にとっていい刺激になるのではないか。

関連記事(外部サイト)