練習量より「己を知る」で変心。西武・金子侑司は盗塁王を獲得した

練習量より「己を知る」で変心。西武・金子侑司は盗塁王を獲得した

練習量より「己を知る」で変心。西武・金子侑司は盗塁王を獲得したの画像

【連載】チームを変えるコーチの言葉〜埼玉西武ライオンズ 作戦コーチ・橋上秀樹(3)
前回の記事はこちら>>
 もう5年前のことになるが、日本ハムのルーキーだった大谷翔平(現・エンゼルス)が「8番・ライト」でスタメンデビューした2013年の開幕戦。”二刀流”で注目された大谷だけに、イニング間でキャッチボールするたび、スタンドのファンがざわめいていた。
 実はこの試合、対戦相手の西武にも同じライトでスタメンデビューしたルーキーがいた。今や外野のレギュラーに定着した金子侑司(ゆうじ)である。

2016年には53盗塁を記録し、盗塁王のタイトルを獲得した金子侑司

 俊足で身体能力が高い金子は、プロ1年目から打っては1、2番、守ってはショート、セカンドもこなした。しかし両打ちの打撃がなかなか安定せず、3年間レギュラーをつかめず、ポジションもはっきりしなかった。
 そんななかで迎えた2015年のオフ、作戦コーチに就任した橋上秀樹は、金子の動きをひと目見てひらめくものがあった。そのときを橋上が振り返る。
「こちらにお世話になってすぐ、秋季キャンプで金子侑司を見て、とにかく脚力がすばらしいな、と思って。これは出塁率さえ上げられれば、それこそ盗塁王も夢じゃないな、と感じました。それでキャンプが終わるときに彼と個別で話をしたんです。

1 2 3 4 5 次へ

関連記事(外部サイト)