広島1強を止めるセのドラフト戦略。中日は根尾を捕手で獲得すべき!?

広島1強を止めるセのドラフト戦略。中日は根尾を捕手で獲得すべき!?

広島1強を止めるセのドラフト戦略。中日は根尾を捕手で獲得すべき!?の画像

広島”1強”時代に突入したセ・リーグだが、この勢いを止めるのは新戦力しかない。広島以外のセ・リーグ5球団にとって、今年のドラフトはある意味”大勝負”である。現在のチーム状況を分析し、本当に必要な戦力はどこなのか。セ・リーグのドラフト事情を見てみたい。
※各球団のチーム成績や個人成績は9月25日現在
パ・リーグ編はこちら>>
チーム事情から見たドラフト戦略〜セ・リーグ編

注目のドラフト候補・大阪桐蔭の根尾昂は何球団から指名されるのだろうか

●中日ドラゴンズ
 2013年から低迷が続いており、今やすっかりBクラスの常連となってしまった中日。チームにとって一番怖いのは、負けに慣れてしまうことだ。とにかく、チームの雰囲気を一変できるような人材がほしい。
 そういうムードを漂わせているのは、今年なら根尾昂(ねお・あきら/大阪桐蔭/右投左打)しかいない。愛知の隣、岐阜出身ということも大きな力になるはずだ。
 夏の甲子園が終わり、その後に開催されたU−18のアジア選手権でも、ほかの選手がヘロヘロになってプレーしているなか、いつもと同じテンションで野球と向き合っていた。中日がほしいのは、そうした”覇気”だ。
 なにより大事なのは育成法。

1 2 3 4 5 6 7 8 次へ

関連記事(外部サイト)