リーグ3連覇のカープに會澤翼あり。チームに一体感をもたらした男気

リーグ3連覇のカープに會澤翼あり。チームに一体感をもたらした男気

リーグ3連覇のカープに會澤翼あり。チームに一体感をもたらした男気の画像

9月26日、ヤクルト戦。9回、最後の打者・山田哲人を空振り三振に取った瞬間、広島の會澤翼はウイニングボールをがっちり掴み、天高く右拳を突き上げた。被っていたマスクを放り投げると、3年連続胴上げ投手の中崎翔太のもとに駆け寄り、強く、強く抱きしめた。

選手会長としてチームを牽引し、リーグ3連覇に貢献した會澤翼

 大役を務め上げた1年だった。正捕手の座を守り、攻撃面でも得点源となる働き。そして選手会長として、チームをまとめる役割を担った。
「春先に自覚と責任を持ってやりましょうと。ひとりひとりが責任を持ってやってくれたので、僕はあまりやることはなく、みんなが自覚を持ってやってくれた」
 チームメートに感謝した。選手会長の役割は重かった。チームは2連覇中。自身としてもまだ正捕手として確固たる地位を築けていたわけじゃない。それでも、男気あふれる性格ゆえに、首を横には振れなかった。小窪哲也前選手会長の推薦。そして新井貴浩、石原慶幸という選手会長経験のある両ベテランのあと押しを受け、断ることなどできなかった。
 新井は引退会見で広島を「家族」と表現した。會澤も同じように捉えているかもしれない。
 25年ぶりの優勝を果たした2016年10月、過去最多となる主力18人が参加した湯布院リハビリキャンプ。滞在最後の夕食時に「全員で風呂入ろう」と提案したのは會澤だった。

1 2 3 4 次へ

関連記事(外部サイト)